どうしてこうなる?賃貸生活の注意点

記事検索
記事一覧

ファミリーが賃貸マンションに住みやすい環境

独身や子供のいない家庭などの場合は、それほど条件が多いとは思いませんが、小さな子供のいる家庭なら初めての賃貸探しはとても大変です。小さな子供を持つ家庭が何より気にするのが、騒音です。他の部屋からの騒音に悩まされるのも遠慮したいですが、自分の家庭から出る音で迷惑をかけてしまうのではと不安になるといった声を良く聞きます。部屋を決めるときは、必ずどの程度の音が伝わるのかを確認しておきましょう。部屋の上下の部屋が空いてるなら音の伝わりのチェックなども出来るか不動産屋さんに聞いてみるのもお勧めです。そのマンションがファミリー向けか、単身者向けかということも関係してきますので、事前に確認が必須でしょう。音が解決したらセキュリティです。高層マンションならエレベーターに防犯カメラはついているか、また室内カメラを各回でチェックすることが出来るかなども確認しておきましょう。また建物の周辺の環境にも気をつけて見てみましょう。お昼の間だけでは夜の環境が分かりづらいと言えます。出来れば朝、昼、晩と数回に分け数日チェックするのが確実です。

賃貸マンションの学区はどこか、また公共施設が周辺にあるかなども子育てには大きな問題です。たとえば車を運転しない場合は、乗り物を乗り継いでいかなければならない立地では何かと不便です。また、病院などの医療施設が揃っているかというのも、小さな子供がいる家庭では、大きな問題でしょう。共働きなら買い物の不便さは、死活問題です。普段の買い物が車なら車で行ける範囲で出来るか、自転車ならどうかまた徒歩ならどうかといった具合に、現状だけでなく今の状況だけで考えるのではなく、例えば車が使えないならというように、様々なバターンで考えるようにしましょう。ファミリーの場合、物事の中心は子供になりがちですが、動くのは親なのですから自分が不便と感じる環境は出来るだけ避けるようにするのが、決めるコツと言えるでしょう。
Copyright (C)2016 どうしてこうなる?賃貸生活の注意点 All Rights Reserved.